タバコのことで喧嘩してしまうなら|アロマで禁煙

喫煙者と非喫煙者の間では、大きく意見が食い違うものです。
喫煙者にとって禁煙は苦痛であり、タバコはなくてはならないものになっています。
逆に、非喫煙者にとってはタバコは喫煙者本人にとっても周りにも有害なもので、ニオイやヤニ汚れなども非常に気になるものです。
禁煙のことで喧嘩になりやすいのは、カップルや夫婦です。
男女のどちらかがタバコに依存していて、片方がそれを快く思っていないことで、喧嘩に発展しやすくなります。
「禁煙を決意したのに約束を破った」「禁煙しろとしつこく言われて嫌な気分になる」などの食い違いから、喧嘩に発展してしまうケースが多いです。
喫煙者には大きく分けると2種類のタイプがいます。
1つは完全にニコチン依存症で、ニコチン切れになると禁断症状が出てしまうので自力ではやめられなくなっているケースです。この場合には病気の領域なので、治したいのであれば早めに禁煙外来を受診することがおすすめです。
2つ目は、単に喫煙が癖になっているタイプです。特別タバコを美味しいとは思わないけれども、癖で吸う人です。こちらはタバコをやめてもすぐに禁断症状が出るようなことはないので、代価療法を活用すれば自力で禁煙に成功できる可能性があります。
ニコチンガムやニコチンパッチ、電子タバコなどのグッズを使う方法もありますが、もっと心身とお財布に優しいのがアロマです。
自分の好きな香りのアロマを嗅いで、心身をリラックスさせて吸いたい欲求を和らげる方法です。
リラックスやリフレッシュに良いとされているのはミント系やラベンダーなどの香りですが、自分が好きな香りを選ぶのが一番です。
出先では精油などをハンカチに垂らして、それをたまに嗅ぐという方法でも使えます。