禁煙でニコチン血中濃度が低下したらウォーキング

喫煙によって肺がんなどの危険性が高まることが知られているために、禁煙は呼吸器の病気の予防に繋がります。禁煙を行うときには個人差がありますが、離脱症状が出ることが多いです。喫煙によってニコチンを摂取していると、禁煙することでニコチン血中濃度が低下することで、たばこを吸いたい衝動が高まります。禁煙を成功させることができるかどうかは、離脱症状を軽減することが大切なポイントになります。離脱症状はたばこを止めてから2週間ほどの期間がピークと言われていますので、口寂しさを紛らわすことや運動することで気分転換になります。
離脱症状に打ち勝つための方法としては、散歩やジョギング、ウォーキングなどが良いと言われています。たばこに含まれているニコチンは、脳内の受容体と結合することで神経伝達物質のドーパミンを分泌させます。そのために人間が元々持っているドーパミンを放出する力が落ちてしまい、たばこを吸わなければドーパミンが放出されにくくなります。禁煙を継続させるためには、たばこのニコチンによる影響で減ってしまったドーパミンを放出する力を回復させることが大切です。ウォーキングなどの運動は、ドーパミンを分泌させる作用があるので良い方法となります。出にくくなったドーパミンを自分の力で放出させることができるようになるために、脳内も楽になりますし、楽しく禁煙することに繋げられます。ウォーキングに加えて、微量のドーパミンを放出させる作用があることで、離脱症状を軽減できる医薬品としてチャンピックスを服用する方法も効果的です。最近では様々な医療機関でチャンピックスの処方が行われていて、健康保険も適用されます。チャンピックスの服用による治療法は、12週間にわたって継続する必要があるものとなります。